10月20日 (日)

[PR]

【●●トーク最終回 闇営業芸人SP】



topIMG

蛍原「君たちは何の括りですか?」


宮迫&メンバー「僕たちは闇営業芸人です!」


蛍原「え?宮迫さん闇営業って何ですの?」

宮迫さん 宮迫「え、蛍原知らへんの?ようするに吉本さんを通さんでネタを披露することやで。だからギャラがそのままもらえるんやで」

蛍原「え?そんなことしてええのん?契約違反ちゃうん?」

宮迫「そもそも吉本さんとワイら、ちゃんと契約書なんか交わしてへんやんけ、な、入江?」


入江「アーイエーイ、オーイエーイ、オレ、イリエ」


宮迫「滑っとるやんけ、まあええわ。こいつがうちらの営業部長やさかい」

入江「あ、はい。自分の人脈半端ないんで、5000人くらい友達いますよ。だからイベントとかよく呼ばれるんですよ」 入江さん

蛍原「すごいな、でもお客さんがまともな人とは限らんやろ?怖い目にあったりせえへんかったの」


入江「まあぶっちゃけ、ヤバい仕事やってる人とか多かったですね。


オレオレ詐欺とか(笑)


でもそういう人に限って意外と紳士で、優しいんですよ。」


宮迫「しかもギャラが気前よく払ってくれるんよな(笑)

俺なんかちょっと忘年会に出るだけで3本もらったわ」


蛍原「3本ってすご過ぎやん。HGとかはどうなん結構闇営業で稼げたりしてますのん?」

HG「ど~も~Hard Gayで~す!フォ~!」 Hard Gayさん

宮迫「そのネタ、久しぶりに見たわwww」


HG「イベントだと一発で盛り上がりますよ~フォ~」


蛍原「確かに、こういうネタがベタでええかもね」


HG「ベタですと!?セイっ!」


宮迫「やめ~や、でも入江的にはどうなんHGは?」


入江「一番盛り上がりますね。でも田村の兄さんとかはずっと黙ってて厳しい感じです」

田村の兄さん 田村「( ^ω^)・・・」

宮迫「しゃべらんかい(笑)」


蛍原「つーか飼い主の吉本さん、こいつらのことどない思ってますの」

宮迫「え・・・?」

飼い主の吉本さん 私の飼い猫が特殊詐欺グループとされる反社会的勢力主催の会合へ参加していた疑惑についてお答えいたします。

私が、複数回にわたり、飼い猫の監視を丁寧に行った結果、該当する飼い猫が、日常的に我が家から脱走。


たまたま、近所で行われていた反社会的勢力主催の会合にて、 『ギャラ』と称して、1日にチュール3本など、エサを頻繁に受領していたことが認められました。


私にとって、今回の事実確認結果は、重大な問題であると考え、飼い主としてのその責任を痛感するものであります。

よって本日をもって、飼い猫の脱走を完全に防止するべく室内にドアストッパーを設置。

飼い猫の去勢行う旨を決定致しました。 飼い主の吉本さん 宮迫「マジかよぉおおおおおおおおおお」 蛍原「自業自得やね」

【ネコトーク最終回 闇営業芸人SP】おわり。

*この記事はフィクションであり実在の人物、団体とは一切関係ありません。